ヒト臨床試験

試験結果で商品価値が高まります

  • 卸している原料の効果や効能を数値で証明して、営業資料として使用したい
  • 自社のサプリメントが他社よりも有効だということを知りたい
  • 原料レベルだけでなく、製品レベルでの安全性を確認したい
  • 本試験を行う前に予備試験(プレ試験)を実施したい

CPCC では、研究、開発時に求められる安全性の確保、機能性、有効性などの検証をしております。
実際に顧客対象者(人間)に使用してもらい、その効果・効能・使用感などの裏づけとなるデータを収集。販促物などに記載する商品の有用性、安全性を数値で表せます。
併設のクリニックや、提携の医療機関や大学と協力し、原料やサプリメント、健康食品、化粧品などの効果測定をし、より良い安全確保や、商品力の底上げをいたします。

試験結果で商品価値が高まります

ひとつの建物内で完結するヒト臨床試験システムにより、スピーディーかつ安全に、高品質のヒト臨床試験を行うことができます。

CPCC が提供するヒト臨床試験

有効性試験

原料や商品の有効性を測定する試験となります。

安全性試験

原料や商品の安全性を測定する試験となります。

使用感調査

化粧品やサプリメントなどを実際に使用して経過をまとめます。

特定保健用食品(トクホ)試験

保健の効果(許可表示内容)をパッケージ等に表示することのできる食品にするために、消費者庁長官の許可申請に使用する数値などを測定します。

その他試験

抗インフルエンザ効果確認試験、花粉症試験、内蔵脂肪確認試験などにも対応しております。

お問い合わせ・お見積りはお気軽に メールでのお問い合わせはこちら

よくある質問

Q1最初に何から行えばいいのでしょうか?
Aまずは秘密保持契約の締結からとなります。御社指定のひな型がありましたら、お送りください。
もちろん、当社のひな型をお送りすることも可能です。
Q2どのような試験デザインにすればいいか、わからないのですが…。
A実施したい試験内容や目的をお伺いしまして、これまでの実績や経験より試験デザインを当社が作成させていただきます。
Q3試験全体の費用はどのくらいかかりますか?
A試験内容、参加人数、試験期間、特殊検査項目などによって費用は異なるため、一概にいくらとお伝えすることはできません。「見積までは考えていないけど・・・」という場合は、全体の試験概要をお伝えいただければ、概算費用として算出いたします。
Q4速報データはいただけるのですか?
Aもちろん可能です。なお、内容や情報量によっては、日数をいただく場合がございます。
Q5検体を送るので検査だけでもしてくれますか?
A内容や検査項目によりますが、可能です。その場合、事前にヒアリングして「いつ到着なのか」「検体数はどのくらいなのか」をご相談させてください。(当社までの検体送付費用は御社負担となります。予めご了承ください)
Q6試験費用は安くなりますか?
A単価が決まっているもの(検査など)や実施機関でないと実施できないものは難しいですが、ご相談いただければ御社にて試験資料作成や、報告書などを作成していただければ、その分の金額調整は可能です。
お問い合わせ・お見積りはお気軽に メールでのお問い合わせはこちら
▲ページトップへ戻る